会員登録/修正
メルマガ登録
味わいで探す

▶ 全アイテム一覧
産地で探す

フランス

▶フランス全て Champagne シャンパーニュ Alsace アルザス Bourgogne ブルゴーニュ Beujolais ボージョレ Jura & Savoie ジュラ、サヴォワ Val de Loire ロワール Auvergne オーヴェルニュ Rhone ローヌ Languedoc ラングドック Roussillon ルーション Sud West 南西地方 Normandie,Bretagne 北西部 Other regions その他フランス

イタリア

▶イタリア全て Northern Itery 【 北部イタリア 】 Piemonte ピエモンテ Trentino Alto Adige
トレンティーノ・アルト・アディジェ
Liguria リグーリア Lombardia ロンバルディア Venet ヴェネト Friuli Venezia Giulia
フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア
Central Italy【 中部イタリア 】 Emilia Romagna エミリア・ロマーニャ Tscana トスカーナ Umbria ウンブリア Marche マルケ Lazio ラツィオ Abruzzo アブルッツォ Southern Italy 【 南部イタリア・諸島 】 Campagna カンパーニャ Puglia プーリア Sicilia シチリア


ワイン以外のお酒

▶ワイン以外のお酒一覧 Grappa グラッパ Marc, Fine マール、フィーヌ Cognac コニャック Armagnac アルマニャック Calvados カルヴァドス Whisky ウイスキー Rhum ラム Gin ジン Aperitif&Digesteif 食前、食後酒など Bitters ビター系リキュール Craft Beer クラフトビール Others その他のお酒 Soft Drinks ソフトドリンク

食材・スパイスなど

▶食材・スパイス一覧 パスタ、豆類 瓶詰、缶詰 スパイス、ハーブ オイル、ヴィネガーなどの調味料 チョコレートなどの菓子 ジュース、コーヒーなど ハム、トリュフなどの食材

サイズから探す

375ml 500ml 620ml 750ml 1,000ml 1,500ml 3,000ml 5,000ml Others その他

品種から探す

Aglianico アリアニコ Barbera バルベーラ Cabernet Franc カベルネ・フラン Carignan カリニャン Chardonnay シャルドネ Chenin Blanc シュナン・ブラン Cinsaut サンソー Gamey ガメイ Gewurztraminer ゲヴュルツトラミネール Grenache グルナッシュ Grolleau グロロー Macabeu マカブー Malvasia マルヴァジーア Marsanne マルサンヌ Merlot メルロー Mtsvane ムツヴァネ Nebbiolo ネッビオーロ Nerello Mascalese ネレッロ・マスカレーゼ Pineau d'Aunis ピノ・ドニス Pinot Gris ピノ・グリ Pinot Noir ピノ・ノワール Poulsard プールサール Riesling リースリング Saperavi サペラヴィ Sangiovese サンジョヴェーゼ Rkatsiteli ルカツィテリ Sauvignon ソーヴィニヨン・ブラン Savagnin サヴァニャン Syrah シラー Trebbiano トレッビアーノ Vigonier ヴィオニエ Vitovska ヴィトフスカ

2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
2023年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
  • は発送業務・お問合せ対応をお休みさせていただきます。(日祝定休) ※休日のお問い合わせは翌営業日のご対応となりますのでご了承ください。お届け日時に余裕を持ってご注文頂けますようお願い致します。 ※ご注文は24時間365日お受けしております。

トップ > イタリア > 北部イタリア > フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア > ラ・カステッラーダ

ラ・カステッラーダ

La Castellada ラ・カステッラーダ

ワイナリーを営むベンサ兄弟の内、ニコ・ベンサは、スタンコ・ラディコンとダリオ・プリンチッチとは同級生。このオスラーヴィアチーム、互いに影響しあい、さまざまな遍歴を経て成長してきました。

現在は、80年代からこのチームと醸造哲学を共有するヴェネトのアンジョリーノ・マウレ(ラ・ビアンカーラ)とともに、畑でバイオダイナミクスを実践。何事も実験・観察・結果考察のプロセスを重要視する学者肌的なニコは、バイオダイナミクスにおいてもやみくもに従うのでなく、慎重にひとつひとつ検討してゆく姿勢をとっています。

国際的ともよべるエレガントなスタイルのワインはしかし、長い熟成を待ちその潜在力を発揮することが多く、ヴィンテージによってはリリース当初わかりにくいという場合もありますが、高いポテンシャルは感じて頂けると思います。

トラディショナルからの発展

今回来日のニコロ・ベンサ(通称ニーコ)は知識の宝庫にして、自分のワインにも他人のワインにも非常にシニカルで、だけど彼なりのブレない審美眼を持ち合わせていて、そしてお茶目。非常に礼儀正しく、理知的で論理的に物を説明することにも長けているが、いちど熱くなると止まらないニーコ。お父さんが経営していたトラットリア用のワインを仕込んでいたニーコ&ジョルジョ・ベンサ兄弟は1985年からボトリングを開始します。近所にグラヴナーやラディコン、ちょっと離れたところでエディ・カンテやアンジョリーノなど、刺激し合える相手にも恵まれ、テロワール、ブドウの個性、年の個性、そして造り手の個性(思い)を最大限に反映したワインを目指し切磋琢磨してゆきます。

"トラディショナルなワイン" などと聞くと、私たち日本人的には、伝統的というくらいだから、昔の農民がやっていたような造りをしたワインのことなのかな、などと思ってしまいますが、ニーコ、ラディコン、ダーリオ プリンチッチなどが指す、"トラディショナルな(白)ワイン" とは、培養酵母を使用して、温度管理をしながら、モストのみで醗酵させ、酸化防止剤をたくさん添加し、目の細かいフィルターにかけてボトリングをしたもの。1985年当時は彼らが言うところの "トラディショナルな造り" こそ、クオリティ白ワインの生産方法であり、今は伝統を飛び越えて古代の造りにまで回帰しているグラヴナーを含む彼らでさえ、良いワインを造るために必要なことだと考えていたのです。

訪問の最中、僕的には受け入れ難い、幾つかの発言にはきつい反論をし、激論を繰り広げたにもかかわらず、僕の帰国を見計らうかのようなタイミングですぐにメールをくれ、「(新しい造り手との取引にそれほど積極的でないという)事情があることを聞いた上でも、君にうちのワインを扱ってもらいたいという気持ちを隠すことはとてもできない。とはいえ、仮に答えがNoだったとしても、友達として、フリウリに来た時には是非訪ねに来てもらいたい!」

そこから現在までに彼らが辿った、醸造に関する考えの変遷は、本当にドラスティックなものがあります。もちろん造り手各々で多少の前後はありますが、概ね以下のように変遷していきます。

ニーコのプロとしての矜持
1985年当時:ステンレスタンクで、培養酵母を添加して、温度管理をしながらの醗酵

1980年代後半-90年代前半:樽内でのアルコール醗酵&熟成を採用、それにより醗酵中の温度管理ができなくなり、醗酵温度が高くなり、温度が高いので野生酵母だけでも十分に醗酵を円滑に進められるので、培養酵母の添加をやめる。リッチな風味を付けるために、皆こぞって新樽を使用するように。

1995年:白ワイン生産にも醸し醗酵(皮や種ごとの醗酵)を始める。新樽に対して懐疑的になり、大樽を導入し始める。

1997年以降:グラヴナーやラディコンはアルコール醗酵の全工程を木製の開放醗酵槽で皮ごと行うようになる。グラヴナーはアンフォラでの醸造を実験的に開始。ラディコンは1999年、一部のワインを酸化防止剤無添加でボトリング、2002年以降は全てのワインを無添加でリリース。

この間、より凝縮したブドウを得るために畑では植樹密度を上げ、単位面積当たりの収量を約半分にまで落としていきます。化学肥料の使用もやめ、ボルドー液以外の農薬を使わず、草生栽培を実践します。

この過程の中で、常に白か黒というようなラディカルな選択をしてきたグラヴナーやラディコンに対し、ニーコというよりもラ カステッラーダというワイナリーは、牛歩戦術とでもいうのか、小さく確実にひとつひとつ歩を進めてきた観があります。ニーコ自身、自分のワインにはエレガンスを求める傾向があり、ラディコンのように野性味溢れるワインを個人的には認めつつ(好んで飲みつつ)も、自分のスタイルではないと考え、なおかつカステッラーダのワインを毎年買うお客さんが彼らのワインに期待、イメージするものから大きく逸脱したものは造るべきではないというプロとしての矜持みたいなものも持っているように感じます。

白の醸し醗酵に関しても、一部にやるだけで全量にやるわけではなかったり、その期間も短いことなど、何人かの造り手からしてみたら、どっちつかずだとか中途半端だと言われてしまい、ニーコ自身もそう言われている事を自覚しながらもゆっくりと前に進み…。この醸しに関して現在では、長い期間の醸しはブドウの品質が本当に良い年のみに許される、アロマティックな品種に関しては、苦味が出てしまうため、良い年であっても長い醸しに向かない、という考えに至っています。

誤解を超えて伝えたいこと 友人が書くワインショップのメルマガで、"誤解されていると思うワイナリーランキング" なるものを発表していたのですが、輝ける第2位の栄誉を賜ったのがラ・カステッラーダでした。ちなみに1位も3位もヴィナイオータの取り扱いワイナリー…ヴィナイオータは代表も含め、世間から誤解されることが多いようです。話を少々戻しますが、そのメルマガで伝えたかったのは、これほど普遍的味わいを持つ間口の広い、そしてちゃんと飲んでみると実に奥が深いワインがなぜもっと評価されないのか?ということだったのだと思います。

ラディコンのワインの色を見て、引く人がいても、ニーコのワインの色でビビる人はそういないと思いますし、味わいも然り。ヴィナイオータが多く扱うような、白ワインなのにオレンジ色とか茶色がかったワインなどに代表される、外観ないし香りが "一般的な" ワインと比べて異質なものが、時として愛情さえ込めて "変態ワイン" などと呼ばれることがあります。

"変" と呼ばれてしまうこと自体に非常に違和感を感じますが、多数決の論理でいうところのメジャーでないもの→マイナー→変という意味で使われているのだということは理解しているつもりです。とはいえ、太陽が常に燦々と降り注ぐ場所で暮らしていたら、肌の色が濃くなることのほうが自然…つまり変じゃないですよね?太陽を酸素に、肌をワインと置き換えれば十分に説明可能かと。100歩譲って、この "変" を受け入れたとしても、見た目も香りも味わいも造りも "変" なワインもあれば、見た目も香りも味わいもそんな "変" じゃないけど、造りは結構 "変" なワインもあるわけです。この時点で "変" というくくりには何の意味もなくなるような気がするのですが、いかがなものでしょう?

「普遍」と「変」の間にあるもの
"自然派" ワインを愛する人たちが、「変(色が濃いこと、濁っていること、還元していることなど)であっても美味けりゃいいじゃん」という本来の立場から、自然派ワインは(視覚、嗅覚的に)判りやすく変であるべきだ、と思ってしまっているような節を感じてしまうことに、自然派変態イタリアワインのインポーターと認知されているのかもしれないヴィナイオータは、危惧を覚えてしまうのです。自然派変態ワインという小さな(マイナーな)世界にも多様性があり、酵母由来の還元臭が立ち上がりにあるものもあれば、そんなニュアンスが皆無なものもある…。

ニーコのワインの凄いところは、畑、セラーで貫かれている哲学が、どうやら "変" と呼ばれてしまうものにもかかわらず、ワイン自体が全然 "変" でないことで、それこそもしかしたらニーコの思惑通りなのかもしれませんよね。
ヴィナイオータ的には、世の中の "普遍" と "変" をつなぐ橋として、ニーコのワインの立ち位置は非常に重要であると考えています。変であろうがなかろうが、ワインとして普通に美味しくて、スムーズに飲めて、そして次の日体が重くならなかったのなら、それでいいじゃありませんか!(輸入元資料より)

全20件

ページトップへ

Shopping Guide

  • 1.お支払いについて

    各種クレジットカード、銀行振込、代金引換、Amazon Pay、楽天ペイがご利用になれます。

    2.お問い合わせについて

    〇ご注文に関するお問合せはメール又はお電話にてご連絡下さい。

    〇メールの確認は随時行っておりますが、業務の都合上ご対応が遅れる場合もございます。 お急ぎの場合は 011-633-0808(8:00〜17:00、土・日/祝日除く)までご連絡下さい。
    緊急の場合はお電話が確実ですので取り急ぎお電話にてご連絡ください。

    Tel: 011-633-0808

  • 3.配送について

    【運送会社】
    ヤマト運輸/ゆうパック

    【商品の発送日のタイミング】
    特にご指定がない場合、
    ○銀行振込 ⇒ご入金確認後、3営業日以内に発送いたします。
    ○クレジット、代金引換⇒ご注文確認後、3営業日以内にに発送いたします。

    【配送希望時間帯をご指定出来ます】
    ○ヤマト運輸の場合
    午前中・14時〜16時・16時〜18時・18時〜20時・19時〜21時
    ○、ゆうパックの場合
    午前中・12時〜14時・14時〜16時・16時〜18時・18時〜20時・19時〜21時
    ※ただし時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。
  • 4.返品・交換について

    ○商品がお手元に届きましたら、ご注文内容と違ったものが送られていないかをすぐにご確認下さい。
    ○商品が食品であるという手前、お客様のご都合による返品・交換は申し訳ございませんが、ご容赦下さい。
    ○商品発送には細心の注意を払っておりますが、万一不良品等がありましたら、当店にご連絡下さい。商品到着後、一週間に限り、当店が発送料負担でお取替いたします。 尚、一度開封、ご使用になった商品は返品・交換の対象になりませんので、ご了承下さい。
    ○尚、誠に恐れ入りますが、未成年への酒類販売を防ぐ為、モバイルでご注文があった場合に個別に年齢確認をさせていただきます。

    【返品連絡先】
    Tel: 011-633-0808
    (8:00〜17:00 土日祝/12:00-13:00除く)
    E-mali: info@maruyamaya.shop
    【 返送先住所】
    〒063-0002
    北海道札幌市西区山の手二条1丁目1-5
    (有)円山屋今村昇平商店
  • 5.お客様情報について

    お客様よりお預かりいたしました個人情報(氏名・生年月日・住所・電話番号・その他特定の個人を識別できる固有情報)は大切に取り扱い、第三者への開示、譲渡は行いません。

    また、お客様データを取り扱うパソコンには、セキュリティをより厳重にかけ、特定のスタッフのみが作業に従事するよう、徹底いたしております。

    当サイトは、SSLセキュリティーシステムにより保護されております。お客様の大切な情報も、安心してお送り出来ます。